繊維ニュース

明石SUC/「ルコック」販売 順調/“差別化できる”をアピール

2017年03月16日 (木曜日)

 明石スクールユニフォームカンパニー(明石SUC、岡山県倉敷市)のアクティブチャレンジ部は、「ルコックスポルティフ」ブランドのケア(介護)やメディカルウエアの販売が順調に推移している。“差別化できるブランド”として、販路が広がりつつある。

 ルコックは、ケア、メディカルともにスポーツブランドならではの動きやすさと、快適性を高めた収納性をベースに洗練されたデザインを追求。ブランドならではのトリコロールのアクセント使いが利いたデザインで、差別化できるブランドをアピールしてきた。

 メディカルは、男女兼用スクラブでチーム医療に提案できるカラースクラブを展開。ケアはブランドらしいこだわりのある収納性、デザイン性のあるニットシャツと可動性にこだわったパンツが特徴。医療や介護の現場

では慢性的な人手不足の中で、「イメージやモチベーションの向上につながるユニフォームの開発」(浅沼由佳アクティブチャレンジ部企画部長)で市場拡大につなげる。

 ただ、小規模介護事業者の2016年倒産件数が過去最高であるとともに、医療機関は、移転・統合など活発化しており、先行きが不透明な状況が続く。

 今期は一極集中している関東市場に専任スタッフを1人増員するなど、「ルコックブランドをより多くのユーザーに認知してもらう」(浅沼部長)ように営業活動を強めていく。