「AFF・大阪2017」 今日開幕/アジア繊維産業が一堂に/15周年、節目の30回目

2017年04月11日 (火曜日)

 日本最大級の繊維・アパレルOEM/ODM展示会「AFF・大阪2017」(AFFと日中経済貿易センターの共催)が今日11日、大阪市中央区のマイドームおおさかで開幕する。会期は13日までの3日間。出展者数は318社で、総面積6000平方㍍の会場に360ブースを展開する。展示商品はアパレル、服飾品、素材、副資材、ホームテキスタイルなど幅広く、中国をはじめとするアジアの繊維産業が一堂に会する展示会となる。

 AFF展は前身の「チャイナファッションフェア」(CFF)初開催の2003年から今年で15周年を迎え、今回展で節目の30回目となる。初開催時の出展者数は100社程だったが、今では春に大阪、秋に東京での開催が定着しており、両都市での過去5年間の出展企業数は毎回300社を上回る規模となっている。これまでの累計出展企業数は3千社以上、来場者数は延べ9万9405人に上る。

 14年の東京展から、現在のAFF(アジア・ファッション・フェア)に改称した。中国繊維企業が同国内の生産コスト上昇に伴い、生産拠点を東南アジアへと移し現地法人から出展するようになり、企業の国籍が多様化したことによる。

 16年までのデータによると出展企業の91・5%は中国大陸からの出展者、8・5%がその他のアジア地域からでラオス、バングラデシュ、ミャンマー、香港、台湾などを含む。

 新規出展企業の割合は28%、継続出展企業は72%。出展企業の事業形態はOEMが60%、次いで29%がODM、オリジナルブランド展開が6%、その他が5%となっている。

 出展企業の対日貿易経験年数では10年以上が53%、5~10年が30%、と、日本と一定量の取り引きが既にある企業が大半を占める。主催者側によるとAFFに出展する企業の対日輸出額合計は日本の繊維製品輸入額の約20%を占めている。