繊維ニュース

明石SUC・アクティブチャレンジ部/「ルコック」シャツ充実/見た目奇麗で動きやすく

2019年08月28日 (水曜日)

 明石スクールユニフォームカンパニー(明石SUC)のアクティブチャレンジ部は、「ルコックスポルティフ」のケア(介護)向けにシャツを充実させる。これまでのルコックとは違ったイメージで「見た目が奇麗で動きやすさを追求した」(浅沼由佳アクティブチャレンジ部企画部長)機能的なポロシャツで市場開拓を進める。

 今期(2020年5月期)に入ってからケア向けは「今年は新規物件が少なめで不安感がある」としながらも売り上げは前年同期を上回るペースで推移している。9月25~27日に東京で開かれる「国際福祉機器展HCR2019」では新商品を披露する予定で、販売拡大に弾みを付ける。

 HCRではブランドの象徴でもあるトリコロールを基調としたブースを設け、新商品や主力商品を展示。ストライプ柄のニットを使い、カジュアル感がありながら介護の現場で求められる収納性を追求したニットシャツ2タイプを打ち出す。

 また、襟のバタつきを抑えて着崩れを防止するスポーツブランドならではの機能性を追求したポロ襟デザインを1タイプ発表する。

 ルコックでは特別養護老人ホーム・介護老人保健施設といった介護施設だけではなく在宅看護・リハビリといった病院内での職種で着用されるケースも増えてきた。スポーツブランドならではの機能性をうたえる商品企画を強めながら販路拡大に努める。