繊維ニュース

進化し、深化する糸 北陸ヤーンフェア19レビュー(2)/サステイナブルを総合的に提案

2019年10月30日 (水曜日)

 北陸ヤーンフェアで合繊メーカーはサステイナブル(持続可能な)素材を前面に打ち出し、リサイクル、生分解性、バイオマスなど各方面から商品を紹介した。

 東レは、再生ポリエステルやバイオベースナイロンなどを幅広く紹介した。サステイナブル素材への注目は高まり、特に再生ポリエステルはユニフォームだけでなく一般衣料でも要望が増えている。新たな取り組みとして、トレーサビリティー(追跡可能性)の視点も加わった「&+(アンドプラス)」を展開する。アンドプラスでは、再生ポリエステル素材のさらなる品質向上や品種の多様化に加え、東レのサステイナブル素材であることが識別できる。

 天然素材調合繊糸も充実させ、ウール調のほか紙糸や麻のような表情を実現した。会場ではラフィアのような外観を持つポリエステル糸で作ったストローハットを展示した。合繊糸にすることで軽量性や抗菌防臭やUVカットなどの機能性の付与が可能となる。

 帝人フロンティアは、再生ポリエステル「エコペット」、ポリトリメチレン・テレフタレート(PTT)繊維「ソロテックス」に焦点を当てて展示した。ソロテックスは快適なストレッチ性やソフトな風合いなどの特徴があるが、原料の37%が植物由来の環境配慮型素材でもある。商品バリエーションも広がり、会場では蓄熱保温機能を持つ「ソロテックス サーモ」などを紹介した。

 マテリアルリサイクルのエコペットは早くから展開する強みを改めて訴求した。近年はリサイクルでの差別化も進み、吸水速乾やUVカット、異収縮混繊でバルキー性を出したタイプや中空タイプなどバリエーションは豊富。今後さらに拡充する考えで、リサイクルのストレッチ糸なども視野に入れる。

 旭化成は、スパンデックス「ロイカ」が出展し、工場から出るくず糸を再利用した「ロイカEF」を紹介した。世界で初めてGRS認証を取得し、ドイツと日本で生産する。安定した伸度など再生原料使いでも高い品質を確保しているのが強みで、22、33、44、78、158デシテックスをそろえる。