繊維ニュース

帝人フロンティア/伊サステブランドと独占販売契約/20秋冬から国内販売開始

2019年12月03日 (火曜日)

 帝人フロンティアはこのほど、イタリアのアパレル企業であるセイブザダック社とアウターウエアブランド「セイブザダック」の日本独占販売契約を結んだ。20秋冬から国内での販売を開始する。今日3日から6日までスタンレーインターナショナル東京本社(東京都渋谷区)で発表展示会を開催する。

 セイブザダック社は動物愛護と環境保護を理念に掲げ、サステイナブル(持続可能な)製品作りや廃棄漁網の回収への協力など環境保護活動を実践するアパレル企業。この理念に基づき動物由来の素材を使用しないアウターウエアブランドとしてセイブザダックを製造販売している。同社は2018年年からはウエアの生地にリサイクル素材を採用するなど、リサイクル素材の活用による事業拡大を進めている。

 こうした考え方が帝人グループの環境方針と合致したことから、15年から帝人フロンティアとの間で取引が始まり、このほどセイブザダックブランドの製品を日本で幅広く販売することで合意した。帝人フロンティアは日本独占販売権を得たことで20年度に3億円、23年度に10億円の販売を目指す。

 セイブザダックブランドの製品は、中わたに中空ポリエステル繊維を使用したアウターウエアなどをラインアップする。一部製品には帝人フロンティアグループのリサイクル繊維が採用されている。