繊維ニュース

明石SUC アクティブチャレンジ部/「ルコック」企画に手応え/ポロシャツでサンプル納品

2019年12月06日 (金曜日)

 明石スクールユニフォームカンパニー(明石SUC)のアクティブチャレンジ部は、メディケア向け「ルコックスポルティフ」でスポーツブランドならではの機能性を訴求する商品企画が奏功している。9月の「国際福祉機器展HCR2019」で出展した介護向けのポロシャツは1カ月で「サンプル納品が増えてきている」(浅沼由佳アクティブチャレンジ部企画担当部長)。

 ルコックスポルティフは、介護施設のみならず病院の職種で着用される機会が増えているため、奇麗さと動きやすさを軸にイメージを一新。HCRでは、ストライプ柄でカジュアルながら介護で求められる収納性も高めたニットシャツ2タイプ、襟のバタつきを抑えて着崩れを防ぐポロ襟デザイン1タイプを展示した。浅沼部長は「新しいイメージの新商品が徐々に浸透している」と話す。

 本年度上半期(6~11月)の売り上げは前期比横ばいを見込む。10月は伸び悩んだものの、大口の物件が8月と分割して入ったため、収益の確保に貢献。全体的にメディカルが堅調で、ワークウエアも前年並みで推移した。介護は施設が年末にかけて予算を組んでいる場合があり、大口物件も期待できることから「下期も引き続き拡販を目指す」。