繊維ニュース

豊島/CF活用の企画商品第2弾/エコ配慮トートと防臭Tシャツ

2020年03月06日 (金曜日)

 豊島はこのほど、食品廃棄物を再利用したトートバッグと抗菌・消臭加工を施したTシャツを、クラウドファンディング(CF)サービス「マクアケ」に出品した。CFを通じ、消費者に向け良質な製品の魅力を素材から伝える企画の第2弾として販売する。

 「4 エニー トート」は、規格外の食材や食品残さから成分を抽出した染料を活用する「フードテキスタイル」の生地を使用した。パソコンを収納できる緩衝材入りポケットや、書類の出し入れに便利なスライドパーツなど、ビジネス向けの機能も加えた。1万6千円。

 デオドラントTシャツ「ノーモアスメリー」は、最先端のハイブリッド触媒を生地に組み込み、臭いの原因になる細菌の増殖を抑制する。ブラックとホワイトの2色。メンズ、レディースともに1600円。

 3月下旬まで購入を募り、4月に生産を開始、6月下旬をめどに商品を届ける予定。

 2019年12月に実施した同企画第1弾では、初日で目標額を達成した。出品した3点全てが目標額を大幅に上回り、達成率が700%を超える商品もあったという。