繊維ニュース

旭化成グループのセージ社/米アディエントの自動車内装 ファブリック事業を188億円で買収/欧州市場を深耕

2020年03月09日 (月曜日)

 旭化成の米国子会社セージ・オートモーティブ・インテリアは、欧州自動車市場における事業拡大、基盤強化を目的に米国の大手自動車シートメーカー・アディエント社の自動車内装ファブリック事業を約188億円で買収する契約を3月5日(米国東部時間)に締結した。

 カーシートファブリック市場でセージはグローバルサプライヤー大手の1社として自動車メーカー、部品メーカーに高いプレゼンスを持っているという。欧州は最大の自動車内装ファブリック市場であり、自動車市場の最先端トレンドの発信拠点でもあるため、セージは今後の事業拡大における重要市場に位置付けている。

 今回買収するアディエントは、欧州を中心に複数の拠点をグローバルに展開しており、欧州のカーシートファブリック市場で有数の地位を築いているという。アディエントが有する欧州を中心とするマーケティング・生産・開発機能とセージの事業を組み合わせることで欧州市場を深耕できるとの期待から両社の協議を経て今回の買収が決まった。