繊維ニュース

「ソーシャルプロダクツ」受賞/豊島「フードテキスタイル」

2020年03月13日 (金曜日)

 豊島が展開する、廃棄予定の野菜や食材を染料に使用するプロジェクト「フードテキスタイル」が、持続可能な社会の実現に貢献する商品やサービスを表彰する「ソーシャルプロダクツ・アワード2020」の「生活者審査員賞」を受賞した。対象となったフードテキスタイルの商品を、大丸東京店(東京都千代田区)のイベントスペースで展示する。16日まで。

 ソーシャルプロダクツとは、企業などの組織が、生活者や社会に配慮して作り出す有形・無形の商品・サービスをいう。ソーシャルプロダクツ普及推進協会が開催する同アワードは、持続可能な社会の実現につながるものに着目し、社会性と商品性の両面から評価する国内初の表彰制度。