繊維ニュース

三陽商会「マッキントッシュ フィロソフィー」/「トリポーラスファイバー」採用/臭いの季節に2型提案

2020年04月24日 (金曜日)

 三陽商会の紳士服「マッキントッシュ フィロソフィー」は、ソニーが独自開発した新素材「トリポーラスファイバー」を使ったTシャツ、カーディガンの2型を、22日から公式オンラインストアで予約販売開始、5月上旬から発売する。

 トリポーラスファイバーは、ソニーが開発したコメのもみ殻由来の多孔質炭素材料を、繊維に練り込んだもの。汗臭の原因となる臭い分子を吸着する消臭機能に加え、モラクセラ菌に対して抗菌性能があり生乾きの臭いを抑制する。洗濯耐久性も備える。

 同社は梅雨に向けて衣服の臭いを解決するため、同ファイバーを採用した。クールネックポケットTシャツ(1万1千円)とVネックカーディガン(2万2千円)の2型で、レーヨン70%・ポリエステル30%素材。オンラインストアと三越伊勢丹グループ店舗(臨時休業中のため発売時期は未定)で、限定発売する。