繊維ニュース

クラボウ/医療用ガウンを販売/国内生産で「AAMIレベル3」

2020年06月26日 (金曜日)

 クラボウは7月1日から医療機関で使用できるアイソレーションガウン(医療用ガウン)の販売を開始する。防水性能の世界的基準である「AAMIレベル3」もクリアした。基材の生産と縫製は国内で行う。新型コロナウイルス感染拡大によって個人防護具が不足する医療機関に向けて販売する。

 新型コロナによって国内の医療現場では個人防護具の不足が深刻化した。医療現場で使用する個人防護具は液体などの浸透を防ぐバリア性(防水性)が求められる。

 クラボウの化成品事業部は1971年から熱融着フィルムを開発・販売してきた。これを不織布と複合するフィルム押出ラミネーション技術を活用することで不織布のバリア性を高めることができる。これを活用し、アイソレーションガウン用基材と製品を開発し、販売することとなった。

 今回販売を開始するアイソレーションガウンはポリエステル不織布に特殊ポリエチレン系フィルムをラミネートしたものを基材に使用。男女兼用のフリーサイズで、襟付きと襟なしの2タイプを用意する。基材のラミネート不織布も販売する。