繊維ニュース

日東紡/マスク用の接着芯地販売/「エコテックス」認証も

2020年07月30日 (木曜日)

 日東紡は、布マスクに使用する接着芯地「MSK3000」の販売を始める。「エコテックススタンダード100クラス1」の認証取得に向けて動いており、口に直接触れるマスクにも安心して使用することができる。家庭でマスクを作る際の材料として手芸店などで展開するほか、ニット製造業などにも提案する。

 新型コロナウイルス感染症によってマスクの着用が習慣化する中、布製マスクの着用機会が増えている。繰り返し洗濯できる半面、立体形状にするのが難しく、洗濯によって形崩れが起こりやすい。接着芯地の使用でこれらを解消できるが、マスク用接着芯地の客観的な安全性認証がなかった。

 今回、接着芯地の設計をこれまで以上に安全性の高いものに見直し、エコテックススタンダード100の中でも最も厳しい基準のクラス1の認証取得を申請中。安全性が担保できるほか、芯地を使うことで縫製の容易さも向上する。この接着芯地と「日東紡の新しいふきん」を使ったマスクは同認証を取得済み。

 日東紡インターライニングを通じて販売する。