繊維ニュース

帝人フロンティア/ウエアラブルでゴルフレッスン/25年度に30億円を計画

2021年01月26日 (火曜日)

 帝人フロンティアは、センシング技術を活用したデジタルゴルフレッスンサービス「マトウス ゴルフ」を2月から展開する。まずはティーチングプロへのレンタルサービスを開始し、2021年中に一般プレーヤーに広げる。今後、野球やテニスなどゴルフ以外のスポーツにも展開を広げていき、データ追加による課金などで25年度に売上高30億円を目指す。

 マトウス ゴルフは、センサーを一体化した専用のセンシングウエアと新たに開発したアプリケーション(アプリ)をセットで使い、時間や場所を選ばずレッスンができる。アプリは手本となるデジタルコーチとの動きの差異を3Dアバターで表示し、上達に向けたコメントを自動的に表示するシステムを備える。

 超極細繊維「ナノフロント」を使ったベスト型ウエアとリストバンドを着用し、スイング動作を計測する。計測したデータは独自のアルゴリズムでスイング時の体幹軸の角度、回転、ブレなどを解析し、評価・アドバイスを行う。スイング動作は3Dアバターで、全方位から見ることができる。

 基本プログラムに加え、ティーチングプロがレッスン内容を独自に設定することもできる。まずは体幹軸に重点を置いたが、今後はパンツなども加え、下半身の動きを指導するプログラムなども可能とする。

 まずはティーチングプロに向けて、センシングウエアとアプリをセットにしたレンタルサービスを始めた後、一般のプレーヤー向けにアプリ配信と課金サービスの提供、センシングウエアのレンタルや販売を始める。

 高機能繊維とセンシング技術を融合させたウエアラブルソリューション「マトウス」の第1弾商品。ウエアラブルによるデジタルゴルフレッスンのアプリは世界で初めてという。