繊維ニュース

ユニチカ/3タイプのナイロン樹脂開発/66ナイロンなどの代替に

2021年03月19日 (金曜日)

 ユニチカは世界的に供給不足が続く6Tナイロン、66ナイロンを置き換えることができるナイロン樹脂「ゼコットAG310A―64」「同 同―67」「ナノコンM2090」を新たに開発し販売を開始した。

 自動車や電子部品などに使われている6Tナイロン、66ナイロンの供給不足が続いている。主成分の一つであるヘキサメチレンジアミンを合成するための原料アジポニトリルの供給が不安定な状態にあり、供給不足の解消には数年かかるとみられている。

 このため、同社はヘキサメチレンジアミンを使用しない樹脂で6Tナイロン、66ナイロンを代替可能な3タイプのナイロン樹脂を開発した。

 ガラス繊維強化6Tナイロンを代替できる樹脂としてゼコットAG310A―64シリーズを、ガラス繊維強化66ナイロンの代替に同 同―67シリーズを、非強化66ナイロンの代替にナノコンM2090シリーズを売り込んでいく。