繊維ニュース

ユニチカトレ―ディング 21年度ユニフォーム/3カテゴリーで企画提案/10%の増販目指す

2021年04月20日 (火曜日)

 ユニチカトレ―ディングは21年度のユニフォーム素材の販売で、“働き方・社会”“地球環境”“安全・安心”をコンセプトに開発した素材群を重点的に投入し前年比で10%の増販を目指す。

 新型コロナウイルス禍に伴い働き方の多様化が進み、ユニフォームに求められる価値観も変化している。これらを踏まえ、今回展ではメーカー商社としての総合力を背景にユニチカグループのあらゆる技術を融合して開発した素材群を三つのカテゴリーで打ち出す。

 働き方・社会では、防透け「クールアート20」、吸放湿「ハイグラ」、梳毛調「エスウール」、快適トリコット「フィッタス―CR」などを用意する。

 地球環境では、再生ポリエステル「エコフレンドリー」、バイオマス「パルパーソロナ」、マイクロプラスチック対策素材といった環境に配慮した豊富なラインアップを提案する。

 安全・安心では、抗ウイルス加工「ユニエース」、制菌加工「ユニクリーン―S」、安全素材「プロテクサ」シリーズを打ち出す。