繊維ニュース

売上高が初の1兆円台/ダイワボウHD

2021年05月14日 (金曜日)

 ダイワボウホールディングス(HD)の21年3月期連結決算は、売上高1兆435億円(前期比10・5%増)、営業利益350億円(6・7%増)、経常利益357億円(7・8%増)純利益257億円(21・4%増)だった。売上高は4期連続で過去最高を更新し、初めて1兆円台に乗った。営業利益も5期連続で過去最高を更新した。

 繊維事業は売上高610億円(15・4%減)、営業利益13億5千万円(65・2%減)だった。除菌関連向け商品や不織布用レーヨン短繊維の販売が大幅に増加したが、重布関連商品やカジュアル・ブランド製品が苦戦した。

 今期の連結業績予想は、売上高8200億円、営業利益285億円、経常利益285億円、純利益185億円。