繊維ニュース

帝人「テナックスTPUD」/PPSで新タイプ/費用対効果に優れる

2021年05月20日 (木曜日)

 炭素繊維事業を欧州で展開する帝人グループのテイジン・カーボン・ヨーロッパ(ドイツ ブッパタール市)は一方向性の炭素繊維プリプレグ「テナックスTPUD」の新製品として、このほど母材にポリフェニレンサルファイド(PPS)樹脂を使用するテープ状の炭素繊維プリプレグを開発した。

 今回のテナックスTPUDはポリエーテルエーテルケトン樹脂などによる既存品と同様に耐薬品性、耐熱性、リサイクル性、低吸水性などの特性を備えながら、既存品よりも低い温度で成形できるという特徴を持つ。

 このため、PPSによるテナックスTPUDは高い費用対効果を発揮しながら要求特性の厳しい航空機用途や自動車用途をはじめ、石油・ガス産業用途、スポーツ用途、医療用途、産業機械用途などへのソリューション展開が可能となる。さらに、難燃性、低発煙性能にも優れ、航空機や鉄道車両の内装用途で使用することができる。

 今回の開発を契機に、高い性能と生産効率の両立という顧客ニーズへの対応力を強化するため、さまざまなテナックスTPUD製品を提供する。