繊維ニュース

三陽商会/「父の日」も新常態で/おうち時間などがテーマ

2021年05月24日 (月曜日)

 三陽商会は、6月20日の「父の日」に向けたギフト商戦をスタートさせた。テーマを「おうち時間・ご近所アイテム」「サステナブル」「定番ポロシャツ」とし、昨今の生活様式、新常態にマッチした商品を提案している。

 同社のセレクト業態「ラブレス」は、パイル地のルームウエアを用意した。Tシャツ、ショーツ、巾着、エコバッグをセットにしたもので価格は9900円。米カジュアルブランド「フルーツ・オブ・ザ・ルーム」との協業企画になる。

 紳士服「マッキントッシュ・フィロソフィー」は、吸水速乾性に優れたプリントポロシャツを並べている。オン・オフのさまざまなシーンで着用可能。価格は1万5400円になっている。

 そのほかにも「ザ・スコッチハウス」のジャカードポロシャツや、持続可能なファッションブランド「エコアルフ」のニットスニーカーなどを提案。ニットスニーカーは、海洋ゴミ(ペットボトル)を回収、再生させたポリエステル素材で製作している。