繊維ニュース

帝人/米AICに参画、次世代航空機向け炭素繊維開発強化

2021年06月17日 (木曜日)

 帝人は米国・スピリットエアロシステムズの研究組織であるエアロスペースイノベーションセンター(AIC)に参画する。これにより、スピリット社や他のAICメンバー各社と次世代航空機向けの革新的な炭素繊維材料を共同開発することが可能となった。

 航空機用部品を製造する世界最大規模のティア1メーカーであるスピリット社は米国、英国、フランス、マレーシアに拠点を構えている。

 同社の主力製品は航空機の胴体や翼などの部品で、革新的な複合材料、アルミニウムの製造ソリューションを世界中の顧客に提供している。

 AICはスコットランド・プレストウィックに敷地面積が約8万5千平方フィートの研究センターを展開しており、スピリット社のエンジニアリング設計技術や製造に関する専門知識、メンバー企業との共同研究に必要な先進的な製造設備を提供している。

 帝人グループは今回のAICへの参画を通じ、スピリット社やメンバー企業との革新的な技術開発を実現し、持続可能な未来の構築への貢献を目指していく。