繊維ニュース

特集 ボディー&レッグファッション(5)/求められている素材の力

2021年06月21日 (月曜日)

〈旭化成アドバンス/eコマースを掘り起こす〉

 旭化成アドバンスはインナー・肌着素材で、環境に配慮したエコ素材群「エコセンサー」を前面に打ち出し22春夏商戦に臨んでいる。

 22春夏では百貨店などの店頭に比べ販売が好調なeコマースへのアプローチを強化し、販売量の早期回復につなげる。

 新型コロナウイルス禍で20年度、インナー・肌着素材の販売は上半期が苦戦となったものの、下半期で「例年のペースに戻せた」と言う。

 21年度については、新型コロナ禍が収束に向かうにつれて下半期からの回復を期待しており、巣ごもり需要の増大などを背景に販売好調を続けるeコマースや通販へ販促を強化し販売量の回復を目指す。

 インナー・肌着というアイテムは実用衣料であるため、「われわれが懸念しているほどマーケットは大きなダメージを受けていない」と見ており、使いまわしの効く定番の商品ラインを増強し顧客ニーズに応えていきたいとしている。

 「ベンベルグ」、再生スパンデックス「ロイカEF」、再生ポリエステル、同ナイロン、オーガニックコットンの5本柱で構成するエコセンサーのアップデートに取り組んでおり、エコセンサー以外ではトリアセテートによる商品群の増強にも力を入れている。

〈東洋紡STC/高機能・サステな綿を拡販〉

 東洋紡STCのマテリアル事業部は22春夏向けのインナー・肌着素材で、高機能とサステイナブルを両立させた綿100%素材を重点的に打ち出す。オーガニックコットンで開発した吸汗速乾「爽快コット―O」、消臭「デオドランーO」などで拡販を計画する。

 2020年度は新型コロナ禍で苦戦となったが、下半期から業績は回復基調に転じたという。21年度は徐々に新型コロナ禍が収束するに伴い「19年度並みの販売量に回復させられる」と見通している。

 爽快コット―OやデオドランーOのような高機能とサステイナブルが持ち味の素材群を充実させる一環として、既存素材よりも効果を発揮する範囲を広げた抗菌素材の開発を進めており、22春夏から投入する。オーガニックコットンと再生ポリエステル「エコールクラブ」をミックスした「マナードEC」の開発にも取り組んでいる。

 台湾メーカーからは2ウエートリコット向けに再生ナイロン「ループロン」を調達し、サステイナブルを求めるニーズに対応。安心、安全を求めるニーズの高まりには、抗ウイルス性能を持たせた後加工「ナノバリアー」、アクリレート「ヴァイアブロック」を打ち出す。

〈レンチング/サステ素材として存在感〉

 レンチングの再生セルロース繊維「テンセル」モダール、「テンセル」リヨセルがサステイナブル原料としてボディーファッションやホームウエア、レッグウエアで存在感を高めている。

 インナー用途では極細繊度タイプのHWMレーヨン「テンセル」モダールが根強い人気となっているが、特に最近では非塩素漂白タイプの採用が拡大した。加えて、このほどカーボンオフセット認証を取得したタイプも開発。既に米国や中国の大手アパレルが採用するなど注目を集めている。世界的に脱炭素への動きが加速する中、カーボンニュートラルなサステイナブル繊維としての需要が高まる。

 原着モダールでインディゴブルーを実現する「インディゴカラーテクノロジー」もホームウエアを中心に採用が進んでいる。通常のロープ染色によるインディゴ染めと比較して染色段階での薬剤、エネルギー、水の使用量と廃水量を大幅に削減できることが評価された。

  そのほか、鑑別によるトレーサビリティーを確立している再生セルロース繊維「エコヴェロ」や、廃棄綿布を再生セルロース繊維の原料に再利用する「テンセルリフィブラ」もレッグ分野などで販売が拡大している。

〈夏の汗と臭いをケア/セーレン〉

 セーレンは、高性能消臭アンダーウエアブランド「デオエスト」の「デオエスト クール」シリーズから、女性用消臭インナー(三分袖)〔汗取りパッド付〕を販売している。同時にフレンチスリーブ、キャミソール、ノースリーブもリニューアルしている。

 デオエストは、セラミックスで吸着して金属イオンで分解するスピード消臭が持続するのが大きな特徴だ。「汗」「わき」「加齢臭」「足」「おなら」などの臭いに困っている人をはじめ、幅広い層の消費者から支持を集めている。

 これまでも消費者のさまざまなニーズを反映した商品開発に取り組んできたが、このほど実施した調査(有効回答数2198人)では女性の47・4%がわきの臭いを気に掛け、91・6%が対策をしていることが分かった。

 新商品は、この結果を受けて商品化した。アウターに響かない大型の「消臭汗取りパッド」を採用し、袖を長めの三分袖とすることで脇の汗と臭いをカバーする。

 キュプラと綿、ナイロンを複合した独自の接触冷感・吸汗速乾素材を使用することで、ひんやり感とさらさらの肌触りも実現した。夏の暑い時期でも快適に着用することができる。