全国テキスタイル産地(1)

2021年07月29日 (木曜日)

新型コロナの影響色濃く

 新型コロナウイルス禍が日本の生地産地の生産数量を急減させている。2020年の各産地の生産数量実績を見ると、21年7月時点で公表している産地の中で、19年から増加したのは知多のみ。あとは大幅に減少した。減少幅は産地によって異なるが、20%台から30%台が大勢を占めており、アパレル各社や小売り各社、商社OEM部門の減少幅とほぼ合致する。