ごえんぼう

2021年09月15日 (水曜日)

 わが子はもちろん子供という存在自体が大好きだ。恥ずかしげもなく言わせてもらうと、世界中全ての子供が愛おしい▼娘の幼稚園送り迎えの際には娘の友達と毎日のように遊び仲良しになれた。卒園式では何人かの親御さんから「うちの子が○○さん(筆者の名前)と二人で写真を撮りたいらしく……」と頼まれ、泣き笑いの写真を撮った。別れはとても悲しかったが、うれしかった▼息子の参観日に行けば、顔見知りの子供たちがハイタッチやハグを求めてきた。各年代の担任たちは一様にギョっとしたが、保育園時代から仲良しの子供たちは「だって小さい頃からの仲良しやし~」と答えていた。うれしかった▼貧困、飢餓状態の子供が途上国に限らず日本でも増えている。戦争や内紛では何の罪もない子供が死ぬ。保育士も学校の先生も年齢的にもう諦めたが、今更ながら支援団体を通じた寄付活動に登録することは決めた。