アジアの繊維産業(2)

2021年09月22日 (水曜日)

コロナショック下の日系企業は今   ベトナム編

 ベトナムでは新型コロナウイルス感染拡大により厳しいロックダウン(都市封鎖)が敷かれた(9月上旬時点)。自宅待機が続き、買い物などの外出もできない。工場はスタッフが工場に寝泊まりし、細々と稼働を続ける例もあるが、日系各社によると8割ほどが稼働を停止した。21秋冬物の納期遅れが頻発するのは必至だ。ただし、政府はワクチン接種を急ピッチで進め、「経済活動を元に戻す」という。脱・中国を進める欧米諸国も依然、同国繊維産業に熱い視線を向けている。ロックダウンによる瞬間的な被害はあるものの、中長期的にベトナム繊維産業が再び成長曲線を描くことは間違いなさそうだ。