繊維ニュース

三陽商会「ブルーレーベル・クレストブリッジ」/高感度な商品ライン投入/江角デザイナーのデザインが好評

2021年09月27日 (月曜日)

 三陽商会が展開する婦人服「ブルーレーベル・クレストブリッジ」はこのほど、2021春夏シーズンにクリエーティブ・ディレクターに就任した江角泰俊デザイナーの名前を記した商品ライン「ブルーラボ・エズミ」を投入した。機能性素材を採用し、着回しの利くデザインが充実。全国の実店舗と公式オンラインストアで販売している。

 ストレッチ性のある軽量ポリエステル素材を使った3ウエーコート、フロントにタックを入れたストレッチタフタテーパードパンツ、細見え効果が期待できるクリアーポンチ2ウエーカットソーワンピースといった計17型を提案している。価格はコート4万7300~6万1600円など。

 店頭では江角デザイナーのデザインが好評で、より高感度なコレクションを展開するに至った。「新型コロナウイルス禍で集客は厳しい状況だが、売り上げは堅調。結果が出始めているので、さらにコンテンポラリーブランドとしての方向性を固めたい」(江角デザイナー)と話す。

 英国調のクリーンで正統派なブランドイメージに、江角デザイナーによる遊び心やシャープなディテールを加味。21春夏は、機能性やユニフォームから着想したモチーフを取り入れている。現代アートの文脈やデザイン性の強いグラフィックをシャツやドレスに反映させている。