不織布新書21秋

2021年09月29日 (水曜日)

エコ原反の打ち出しが顕著

 日本化学繊維協会がまとめた2020年の合繊長繊維不織布生産実績によると、面積ベースでは前年比6・6%減、重量ベースでは同0・2%増となった。新型コロナウイルス禍の影響を大きく受けた19年が順に8・8%減、6・4%減だったことから、いまだ新型コロナ禍が続いているものの、不織布業界は昨年後半あたりから回復基調へと転じたようだ。今後も成長路線を維持し続けるには何が必要なのか。各社の取り組みを追った。