繊維ニュース

今秋もプレステージライン販売/三陽商会「三陽山長」

2021年09月29日 (水曜日)

 三陽商会が展開する紳士靴「三陽山長」は23日、ブランド創業20年の集大成として2021年春に販売したプレステージラインの第2弾として、「謹製匠一郎」「謹製勘三郎」「謹製定九郎」の3型を発売した。同ブランドの5店舗および直営オンラインストア「サンヨー・アイストア」で展開する。

 今春販売したプレステージラインの販売が好調で、今秋冬シーズンも展開を決めた。プレステージラインは、20年の技術を結集したトップグレードシリーズとして“ビスポークシューズ(オーダー靴)に限りなく近い一足に仕立てる”をコンセプトに、革から仕上げまで全て上質なクオリティーで製作している。

 今回は、エレガントな印象のスムースレザーを使用。謹製匠一郎(ストレートチップ)では、アッパーのステッチを一切表に出さない「レベルソ仕立て」を特徴とし、ミニマルで立体感のあるデザインに仕立てた。価格は16万5千~17万6千円。