繊維ニュース

豊島 レンチング/共同の植樹プロジェクト/互いの素材使った賛同商品も

2021年10月05日 (火曜日)

 豊島が展開するオーガニックコットン糸「トゥルーコットン」は、レンチング・グループの「テンセル」と共同で植樹プロジェクト「#MakeItFeelRight×#TREETOPSキャンペーン」を開始した。サステイナブルファッションに関連する投稿がインスタグラムで1回行われるごとに1本植樹する。期間は12月31日まで。

 参加方法として、サステイナブルなファッションアイテムの画像に二つの対象ハッシュタグ「#TREETOPS」「#MakeItFeelRight」と「@tencel_japan」のアカウントをタグ付けして投稿する。他者の投稿に、対象のハッシュタグとアカウントにタグ付けしてリポストするのも可。

 今回のキャンペーンは、世界的な森林再生の取り組みを支援する団体「ONE TREE PLANTED」(ワンツリープラン)を通じて、レンチング社から植樹される仕組みになっている。

 トゥルーコットンとレンチング社のリサイクルリヨセルの「テンセルリフィブラ」を使ったキャンペーン賛同商品を、地球や人に優しいモノ作りを発信するプロジェクト「ニーミー」とライフスタイルアパレルブランド「シンネット」で展開する。

 ニーミーからはロングTシャツなどをECサイトで販売している。シンネットは今月中旬にイージーセットアップを発売する予定。