繊維ニュース

往来

2021年10月11日 (月曜日)

 「若年層のZ世代を総じてデジタルネーティブと呼ぶのは、少し違う」と話すのはITコンサルティング、アパレル系の人材育成を手掛ける宮本企画室の宮本順一代表(写真)。専門学校の文化服装学院、大阪文化服装学院の非常勤講師を務め、ネット通販のシステム構築や商品の製作・調達、ウェブサイトへの集客などを実践しているが「彼らにも苦手分野がある」と言う。スマートフォンを活用した短文作成やコミュニケーション能力は高いが、パソコンでの作業やイメージの原稿化が苦手のようだ。「ネット通販には一長一短がある。1年間の講義でしっかり教えることが肝要」と説く。