繊維ニュース

ジャパンサイクルリーグと契約/東洋紡

2021年10月28日 (木曜日)

 東洋紡はこのほど、自転車のプロロードレースリーグのジャパンサイクルリーグ(東京都千代田区)と事業拡大を目的とするオフィシャルパートナーシップ契約を締結した。

 東洋紡は2015年にフィルム状導電素材「COCOMI(ココミ)」を開発し、これまでに競走馬の心拍数測定用カバーなどに採用されたほか、今年5月にはサイクリスト向けに「ココミサイクリングアンダーシャツ」を発売するなどココミでの取り組みを強化してきた。

 同パートナーシップでは、ココミの認知拡大を目的に同リーグ公式ユーチューブで放映されるレース番組に広告を掲載。レース会場に販促ブースを出展し、来場者にココミをダイレクトに訴求することを検討する。

 今後、レースに参戦するロードレーサーやココミサイクルリングアンダーシャツの購入者から得た定性的なフィードバック、心拍数などの取得データを活用し、ココミの品質向上に向けた開発を強化するとともに、将来的には取得データを他分野にも展開し新規ビジネスの創出を目指す。