サステ素材の進化 北陸ヤーンフェア21レビュー (9)

2021年11月24日 (水曜日)

サステの見本帳充実

 シモムラ(石川県小松市)はリサイクル糸の色糸見本帳の展開を広げた。新商品として蝶理の「エコブルー」の再生ポリエステル糸を使った色糸見本帳「フレコ」を披露したほか、帝人フロンティアの「エコペット」の見本帳は48色展開を88色に増やすなど品ぞろえを広げた。

 グループ連携のモノ作りも進み、フレコは今春に北陸化繊の工場を買い取って開設した押水工場の仮撚り、フクイセイシの撚糸、園田産業の糸染めの連携で生産する。エコブルーのハイマルチ糸を園田産業で染め、グループのソフィーナ(新潟県長岡市)で撚糸、製織して生地で備蓄販売する取り組みも始まる。

 ECの新たな取り組みとして、「Sセレクション」を立ち上げた。糸や生地のユーザーを中心に、日本のモノ作りにこだわる商品をセレクト販売するサイトで、ジーンズブランド「クロ」の商品などを掲載している。

 タロダ(石川県内灘町)はサステイナブルな先染めポリエステル糸のバリエーションを広げた。従来から展開するマテリアルリサイクル糸の見本帳「エコッタ」、ストレッチ性を付与した「エコッタα」、伊藤忠商事の「レニュー」によるケミカルリサイクル糸の色糸見本帳に加え、今回は蝶理のエコブルーとの協業品を加えた。

 サステイナビリティーへの要望が高まっていることに対応し、商品の選択肢を広げており、リサイクル糸以外では、生分解性ポリエステル糸の見本帳「クラフトエリーテ」などを展開している。今後は感性面を訴求する再生ポリエステル糸の見本帳展開も予定している。

 ジャテック(金沢市)は、コラーゲン練り込みのナイロン糸「ZISコラーゲン」やPBT/PET糸、バイオポリエステル糸、ベトナムのポリエステル糸「VN POLY」などを紹介した。会場で特に注目されたのが、尾州の産元商社の大照(愛知県一宮市)と共同開発した漏水抑制織物。3層構造で、経糸に撥水(はっすい)糸、緯糸に吸水糸を使い、生地の裏側に水分が染み出さない形にしている。介護用などに提案していく考えで、ZISコラーゲンとの組み合わせで消臭や保湿機能を加えた枕カバーなども展開する。

 サステイナブル商品では、ナイロンやポリエステルに練り込むことで生分解性を付与できる「CICLO」も注目された。