アパレル22春夏 ~ウイズコロナ下のファッション~

2021年11月24日 (水曜日)

 大手アパレル企業が打ち出す婦人服で、ビジネス対応、お出掛け着の提案が増えてきた。22春夏シーズンは、イージーケアを軸とした機能素材のスーツやセットアップ、鮮やかな色柄のワンピースが展開される。紳士服もスーツやセットアップが増えるほか、パターンオーダー(PO)の受注増を見込むブランドもある。一方で、新型コロナウイルス禍前の2019年度と比較し、婦人・紳士服とも仕入れ量は70~85%程度に絞り込む。追加生産はクイックレスポンス(QR)で乗り切る考えだ。