繊維ニュース

特集 アパレル22春夏~ウイズコロナ下のファッション~(2)/メンズ編/オンワード樫山/三陽商会/オッジ・インターナショナル/ジョイックスコーポレーション

2021年11月24日 (水曜日)

〈オンワード樫山「J・プレス」/ジャケット+パンツ需要に対応〉

 オンワード樫山が展開する紳士服「J・プレス」は、カジュアルな中軽衣料を強化する。春夏物の実需として必要性の高い、シャツやボトムスをはじめ、レイヤードスタイルの中心になるロゴアイテムを投入。同社では「近年の“実需期買い”に対応する」と説明した。

 22春夏は、スーツ需要から「ジャケット+パンツ需要」に移行するとし、ドレスと機能性の2軸で企画を構成。ドレス軸では、ビジネススーツからドレスジャケット+パンツスタイリングへの移行に即応する。さらにパターンオーダーのウール素材スーツを拡充。緊急事態宣言が解除され、通勤用スーツを求める消費者が増えることも予測される。「カスタム需要に加えて、高額オーダーを拡大する」とした。

 機能性軸では、シーズンレスに着用できるセットアップを増やす。単品の中軽衣料において、機能面のアップデートを図る考え。品番数を絞り込みながら、素材や色数で奥行きを確保。サステイナビリティー、トレーサブル原料への集約も継続する。

〈三陽商会「ポール・スチュアート」/セットアップを拡充〉

 三陽商会の紳士服「ポール・スチュアート」は、固定客に向けたスーツ需要に対応しながら、上品なカジュアルウエアを拡充する。ラペルを付けたニットウエアやラウンジスーツ(ワンマイルウエア)、リモートワークに最適なセットアップ、アジャスターでウエストの締め付けを軽減したパンツなどを投入。ストレッチ素材のドレスTシャツや柄物のシャツなども展開する。

 同社の企画担当者は「在宅勤務を意識した機能的なセットアップに、軽めのインナーウエアを提案する」と説明した。ジャケットやパンツは家庭洗濯が可能で、さらに通気性も重視。「一部ではUVカットの機能を搭載したシャツも打ち出す」とした。

 一方で、今年3~8月度のパターンオーダー(PO)の注文が前期比30%増と好調なことから、来春は「入卒式などのセレモニーや少人数での食事会、ビジネススーツ需要も回復する」と読む。ブランドのシンボルである、ブルーグレー調の生地を使ったクラシックなスーツや軽量なサマースーツをそろえる。

〈オッジ・インターナショナル「ダーバン」/POが堅調、来春も期待〉

 オッジ・インターナショナルが展開する紳士服「ダーバン」は、スーツのパターンオーダー(PO)が好調で、今年2~8月度は計4800着の受注があった。同社では「計画以上の数字で、22春夏シーズンに向けて弾みがついた」と話す。先日終えた“POフェア”は、新型コロナウイルス禍前の2019年と比較し、売り上げは100%を超えたと言う。ビジネス、セレモニー需要が回復傾向にあるようだ。

 ダーバンがターゲットにするエグゼクティブ層のスーツ需要は底堅く「新型コロナ禍でも、POを求める一定の顧客がいる。ビジネスとカジュアルの垣根がなくなりつつあるが、PO強化でブランドの特徴を出す」と説明する。

 素材では高級タスマニアウールをはじめ、日本独特の高温多湿な夏を快適に過ごせるように開発したスーツ地「モンスーン」などを採用。モンスーンを使ったPOのファンも多く「盛夏シーズンの定番となった同素材だが、軽さや通気性で進化している」とする。22春夏は、計6千着程度のPO受注を見込む。

〈ジョイックスコーポレーション「ルーペ」/初のオリジナルブランド〉

 ジョイックスコーポレーションは、創業以来初となる紳士服のオリジナルブランド「ルーペ」の展開を来年1月からスタートする。年間6回の受注生産とし、初回はオーバーサイズのスエット、イージーパンツ、ワイドロングシャツ、オーバーサイズのロングスリーブTシャツの4型を提案する予定だ。

 一つの定番アイテムに対し、2種類の生地で対応する。注文から約2カ月で顧客の手元に届く。日常になじむ定番服で、豊富にサイズをそろえる。オーバーサイズのロングスリーブTシャツでは、無骨な編み立てと光沢感のあるシルケット加工を採用。オーバーサイズながらも立体的なシルエットを生み出すと言う。

 デザインを担当するのは、海外ブランドなどでキャリアを積んだ木村献氏で、ブランド名は同氏が素材を調べるために持ち歩く拡大鏡(ルーペ)から取った。

 カジュアルやフォーマルの装いにも合わせやすく、年代を選ばないフォルムにしている。国内生産で対応する予定で、今後も一貫して生地から考える服作りを実施。同社では「どんなスタイルにも対応できる。そのためサイズ展開を重要視した」と話す。