抗ウイルス・清潔・衛生

2021年11月25日 (木曜日)

“新常態”の定番加工に

 新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)以降、人々の生活様式は一変した。日常的な感染症対策が不可避となり、マスクなどの着用も必須となっている。ここに来て日本では感染状況こそ収束の兆しを見せるが、感染拡大第6波への警戒は引き続き欠かせない。そうした“ニューノーマル”(新常態)における繊維製品の新たな定番加工として抗ウイルスや抗菌、制菌など衛生加工がある。素材メーカーや加工剤メーカー、そして機能を客観的に確認する検査機関が果たす役割は一段と大きくなる。