繊維ニュース

菅公学生服・スクールスポーツ/自社ブランド提案強化/カンコープレミアムの評価高く

2021年12月03日 (金曜日)

 菅公学生服はスクールスポーツ事業で、「カンコープレミアム」など、自社ブランドの提案を強化している。

 2017年に発表したカンコープレミアムは色目や素材感に加え、大手素材メーカーと開発した生地、「グランガード」の薄いながらも高い防風性を持つ機能性が支持されている。今年の春と夏にバリエーションを増やしたことも採用につながった。営業本部の佐藤範和企画推進部スポーツ商品企画課長は「商品を実際に触って見てもらった時の第一印象が非常に良い」と話す。

 同ブランドは高級感のある“プレミアムネービー”カラーが特徴。今後は新たなカラー展開も見据える。

 学校個別の2次加工マーキングが映えるシンプルなデザインが特徴のウエア「カンコーノームコア」は、新規だけではなく、既存校のモデルチェンジとしての提案も進めており、採用校が伸びている。

 ライセンスブランドでは、「リーボック」が前年に比べてプラスで推移。インクジェットや、熱と圧力で立体的な柄を施すエンボス加工でデザイン表現した商品などが好評だ。「カンコ―×ファイテン」では「チャレンジブルー」として、ポジティブな効果を与えるブルーカラーをメインにしたトップスにブラックのボトムスでのセットアップ提案の企画を今春に発表した。こちらも評判が良く、採用校数を伸ばしている。