繊維ニュース

大和紡績/サステイナブル不織布開発/バイオマスマークやFSC認証取得可能

2021年12月06日 (月曜日)

 大和紡績はこのほど、バイオマスマークやFSC認証が取得可能なレーヨンスパンレース不織布「アピタスB」を開発した。サステイナブル不織布として提案を進める。

 近年、不織布市場でも生分解性やリサイクルなどに対応したサステイナブルな商品を求める動きが強まる。こうしたニーズに応えるために、生物由来資源を活用していることを日本有機資源協会が認定する「バイオマスマーク」と、適正に管理された森林資源を利用していることを森林管理協議会が認証する「FSC認証」を取得できるレーヨンスパンレース不織布としてアピタスBを開発した。

 同社は既にダイワボウレーヨンの海水中生分解性レーヨン「エコロナ」を使ったスパンレース不織布「アピタスE」や、生分解性複合繊維「ミラクルファイバーKK―PL」を商品化している。アピタスBを加え、サステイナブル商材のラインアップを拡充した。

 8~10日に東京ビッグサイトで開かれる「エコプロ2021」にも出展し、アピタスBをはじめとしたサステイナブル商材を披露する。