繊維ニュース

旭化成/越でエアバッグ基布生産/帝人フロンティアなどと合弁

2021年12月14日 (火曜日)

 旭化成は13日、旭化成アドバンス、帝人フロンティアとの合弁によりベトナムでエアバッグ基布製造会社を設立すると発表した。

 新会社名は旭化成エアバッグファブリックベトナム(AFV)で、2022年度上半期に設立。本社工場はベトナム・ハノイ近郊のタイビン省に置く。資本金は非公表。出資比率は旭化成74%、旭化成アドバンス20%、帝人フロンティア6%。生産能力は年間約2千万平方㍍で、24年度上半期からの生産を予定する。

 同社によると、アジアでの自動車生産増や安全要求の高まりにより、搭載率が上昇し、搭載部位も広がるなど、エアバッグ市場は今後も成長が見込まれる。さらに「CASE」やサステイナビリティーの観点からエアバッグに対するニーズも多様化すると予測する。

 今回の新会社設立はエアバッグ市場の成長やニーズが多様化する中で、原料から原糸・基布・縫製まで一貫による開発や生産体制を構築し「需要家への迅速な対応とさらなる付加価値の提供を実現するため」としている。

 旭化成はエアバッグ用ナイロン66糸を原料一貫で生産販売し、旭化成アドバンスはベトナムにエアバッグ縫製子会社、旭化成アドバンスベトナムを持つ。一方、基布生産は、住商エアバッグ・システムズ(長崎県松浦市)、帝人フロンティアの中国子会社、日岩帝人汽車安全用布〈南通〉に一部出資するものの、旭化成グループ主体による基布生産は今回が初めてとなる。