ごえんぼう

2022年01月12日 (水曜日)

 有給休暇は従業員の権利。日本の取得率は低かったが、「働き方改革」で年5日の有休取得を企業に義務付けた▼厚生労働省の調査によると2020年の取得率は平均56・6%で、1984年の調査開始以来、過去最高を更新した。ワークライフバランスという価値観が浸透したのと同時に、年5日取得の義務化が影響したのは間違いなさそうだ▼ただ、従業員1千人以上の大企業では取得率が前の年より低くなった。テレワークで自宅にいる時間が増えたことや、新型コロナ禍で有休を取っても旅行に行けない状況などが影響したようだ。未発表ながら、21年も同様の傾向が続いたと推測できる▼今期の有休を既にフル消化した。病欠の他、親や親戚の介護、子の学校行事など、おかげさまで有意義に使えたと思っている。「よくぞ改革を実践してくれた」などと誰かが褒めてくれるわけではないが、家族は喜んでくれている。それでいい。