中国デザイナーズブランド・ インキュベーターに聞く(5) 「レーベルフッド」創業者 ターシャ・リュウ 氏(後)

2022年01月13日 (木曜日)

商業施設に積極出店

 ――10日に初のメンズ専門店を、上海の巨鹿路に出店しました。メンズ市場もチャンスが拡大していますね。

 2017年からメンズブランドに注目してきました。異業種や海外ブランドと、出店ブランドが協業する展示会などを開いて、当店を盛り上げていきます。現在は「コンバース」とのコラボレーションイベントを開催中です。

  ――直営のセレクトショップは、6店(上海3店、北京1店、南京1店、深圳1店)になりました。出店を加速しますか。

 いいえ。今後も慎重にやります。富民路(上海)の旗艦店は、全国からファッション好きが集まるショップになりましたが、何年も時間がかかりました。

 出店地はこれからも上海中心です。今春、上海の南京西路で開業する商業施設「JCプラザ」に出店します。12月にオープンした深圳店に次ぐ、非路面店にです。われわれが支援するブランド「SHUSHU/TONG」の旗艦店も、同施設で同時開業します。

  ――商業施設への出店が続く背景は。

 現地デザイナーズブランドが、商業施設から注目されていることがあります。デザイナーズブランドは今後、(商業的に成功するステージに入り)セレクトショップへの卸売りから、商業施設での専門店展開にシフトするとみています。それを支援していきたいです。

  ――一方、貴社はセレクトショップへの卸売りを支援する営業代行業も手掛けます。

 「レーン・クロフォード」や「SKP」などの大手を含め、全国300店弱と取り引きしています。1、2級都市のショップがメインです。

  ――ネット通販は。

 (アリババ集団の)「Tモール(天猫)」で直営店と、支援する8ブランドの店舗を運営をしています。われわれの商品は3千元、4千元の高価格帯ですが、販売が伸びています。特に21年上半期は好調でした。

  ――東レグループと共同で、若手デザイナーブランドの奨学金制度を実施しています。

 東レのサステナブル素材「ウルトラスエード」を、私たちが支援するデザイナーが作品にして、「上海ファッション・ウィーク」のショーで発表しています。デザイナーにとっては、世界的なテキスタイルメーカーの東レとコラボできるチャンスです。大変意義のある取り組みだと思います。